サインイン
サインイン

サインイン

学びの場を広げよう

受賞歴を誇る一体型プラットフォーム
ハイフレックス授業も学習管理もすべてカバー

まずは60時間の無料トライアル

 

メディア掲載
WallStreetJournalLogo TheNextWebLogo TechInAsiaLogo NikkeiBPLogo StraitsTimesLogo CNALogo Channel8Logo BeritaHarianLogo
 

教育に特化したデザイン

 

オンライン授業とは、Web会議ツールのビデオチャットでライブ配信をすることではなく、教える側と学ぶ側の双方が、対面さながらのやり取りをすることで成り立ちます。必要な機能をすべて揃えた一体型のClassDoを使えば、円滑なコミュニケーションと効率的なオンライン授業&学習を体験できます。

 

 

 

ハイフレックス授業
 

リモート学習に対応

 

オンライン授業やハイフレックス授業(対面とオンラインの混合型)に対応できる機能とツールが満載。リモート学習を負担なくスムーズに進められます。

 

 
一体型プラットフォーム
 

すべてが揃う一体型
プラットフォーム

 

必要な機能はすべて揃っているので、複数のページを開かずにスッキリと授業ができます。技術的負担もなく、参加者とのやり取りはクリックだけで簡単に。

リアルタイムなやり取り
 

リアルタイムなやり取り

 

個人スペースの「デスク」や分析機能を使えば、授業の様子を把握できるだけでなく、個人の学習成果も確認できます。



新型コロナによる学校閉鎖が相次ぐ中、ClassDoのおかげで、私たちの学習センターは通常通りの運営をすることができました。講師たちはClassDoを利用することでオンライン授業に素早く対応でき、混乱が生じることもなく、毎週3000人もの生徒が出席しました。
アイダロヤニ アダム MENDAKI
アイダロヤニ アダム
MENDAKI 副最高経営責任者(シンガポール)
2020年に発令されたロックダウンにより、私たちの学習センターは、対面からオンラインへと切り替える必要に迫られました。48時間以内に全てのクラスを無事に移行できたのは、ClassDoのおかげです。ClassDoの強みは、生徒と講師による双方向の授業が可能になることです。つまり、生徒は対面と同じような環境で学習することができるのです。当初はオンライン授業に懐疑的だった保護者の方々も、子どもたちの授業風景を目の当たりにし、満足していただけるようになりました。オンラインでの実施は初めてにもかかわらず、ロックダウン期間中でも85%のクラスを維持することができました。さらにシンガポール国外にいる生徒にもオンライン授業が可能となりました。
アダム クルック Boutique Education
アダム クルック
Boutique Education 取締役(シンガポール)
ClassDoは対面授業に最も近い環境を提供してくれます。以前は他社のWeb会議サービスを利用していましたが、その違いは一目瞭然です。機能が充実しているので、生徒の端末機器で開いている内容を確認できたり、生徒がプリントをリアルタイムで共有できたりして、授業中に活用できます。リモート環境にもかかわらず、画面上やプリント上で、生徒の得意&不得意な分野がすぐに把握できるとは。現場で教えている感覚に近いですね。Web会議サービスではこれだけのことを成しえません。「デスク」という独自の機能のおかげで、個に応じた指導が可能です。すべてのファイルが保存できる「ライブラリー」もあるので、生徒の問題プリントの採点&添削も簡単。何かあれば、テクニカルサポートが素早く対応してくれるので、技術的負担も全くありません。
ダニエル ロク The Science Lab
ダニエル ロク
The Science Lab 取締役(シンガポール)
2019年11月以降ClassDoを選んで正解だったと実感しています。教える側にも学ぶ側にも欠かせない機能がすべて揃い、効率的に授業を進めることができます。私の書き込んだコメントや生徒の問題プリントはきちんと保存され、ダウンロードも可能です。生徒が復習のために、いつでも、どの端末機器でもアクセスできるのは素晴らしいですね。ユーザーに分かりやすいデザイン設計で、カスタマーサービスも申し分ありせん。より良いリモート学習の場を提供しようと、日々進化を遂げているClassDoには感謝しています。
エレイン ユーン Jubilancy Tutelage
エレイン ユーン
Jubilancy Group ファウンダー&講師 (シンガポール)
まずは60時間の無料トライアル


導入事例『MENDAKI シンガポール』

 

2020年に発令されたロックダウンは、新型コロナウイルスのまん延を抑えるためであったが、同時にそれはMENDAKI 学習事業計画 (MTS) の生徒が、授業の場に通えなくなるということでもあった。しかしながら、2ヶ月間に及んだロックダウン期間中、生徒3,000人への授業は中止されなかったのである。ClassDoを利用した結果、約90箇所で実施されていた対面授業のすべてをオンライン授業に移行することができたからだ。

MENDAKI 副最高経営責任者のアイダロヤニ アダム氏によると、ClassDoとの共同作業はこれが初めてではなく、以前の働きを引き継いだものだという。2年前、小規模ではあるが、ClassDoを利用して生徒にオンライン授業を提供していた。

「(新型コロナの影響で)モスクの閉鎖が要請された3月頃、モスクで行われていた授業をClassDoへと移行しました。4月からはロックダウンが開始されたので、ClassDoの利用を拡大し、e-MTSの提供を始めました。ClassDoは講師にも生徒にも重宝されているので、毎週の授業を通常通り行うことができたのです。」

MENDAKI は現在もClassDoを利用しており、一部のMTS授業はオンラインで実施されている。

 

ザキ モハマド オンライン授業

e-MENDAKI 学習事業計画オンライン授業に参加した生徒らの卒業日(2021年1月21日)、ClassDoを使って交流するザキ モハマド大臣。(写真提供:MENDAKI Facebook)この記事はマレー語日刊紙「ブリタ・ハリアン」に掲載された。

 

教える側

必要な機能とツールはすべてそこに

ミーティングリンクを毎回送ることも、複数のページを開いて各種ツールを同時進行で使いこなすことも不要。すべての機能が一体化されているので、デジタルスキルなしに、事務負担を軽減できます出欠や参加者のやり取りの把握も簡単。

教育関係者向け機能

グループ 授業

学ぶ側

参加して、やり取りして、吸収しよう

参加者とコラボして、臨場感にあふれるやり取りや意見の交換、質疑応答が可能。講師からすぐに評価をもらうこともできます。集った仲間と知識を共有しながら学びましょう。リアルタイムな授業をオンラインでも体感してみてください。

学習者向け機能

 

授業 ファイル

管理する側

授業&人事の管理も簡単に

面倒な事務作業を軽減。「生徒」「講師」「授業」の管理をクリックで解決。

管理者向け機能

組織ページ 授業
まずは60時間の無料トライアル